クボタ(後付け自動操舵システム)

こちらの記事では、クボタが提供する後付け自動操舵システムを紹介しています。特徴や機能、費用などについてまとめていますので、導入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

クボタ(後付け自動操舵システム)の自動操舵システムの機能表

KSRU(KAG2とセットで使用)

クボタKSRUイメージ
画像引用元:クボタ公式HP
(https://agriculture.kubota.co.jp/product/kanren/gpsgm_kag2/index.html)
初期費用 初期費用:103,400円(税込) ※KSRU単体価格
取付費:公式HPに記載はありませんでした。
オプション 公式HPに記載はありませんでした。
登録可能経路 ABCストレート、ラストパス、ABカーブ
※KAG2とセットで使用時
補正情報精度 ±20〜60cm
※キャッチする衛星の数により誤差が出る場合あり
速度 公式HPに記載はありませんでした。
ISOBUS対応 公式HPに記載はありませんでした。
データ蓄積クラウドシステムの有無 公式HPに記載はありませんでした。
アップデート費用 公式HPに記載はありませんでした。
サポート体制 公式HPに記載はありませんでした。
保証期間 公式HPに記載はありませんでした。
導入実績数 公式HPに記載はありませんでした。

クボタ(後付け自動操舵システム)の自動操舵システムの特徴

より正確な位置情報を利用

クボタのKSRU(GPS車速連動装置)はGPS衛星から信号を受信することが可能な装置で、KAG2と組み合わせて使用します。

補正情報はDGPSとなっていますが、こちらは地上にあるGNSS観測施設で計測した位置情報と、GPSからの位置情報を基にして、準天頂衛星みちびきを経由してGPS測位の精度を高めます。

ガイダンス精度は20〜60cm(キャッチする衛星の数により誤差が生じる場合あり)です。

快適な作業をサポート

KSRUはGPSガイダンスモニターのKAG2と組み合わせて使用されますが、KAG2ガイダンスアプリなどさまざまなアプリがインストールされている点が特徴。

アプリを使用することにより、代かきや肥料・堆肥などの散布・防除など、さまざまな作業を快適に進めることができます。

クボタ(後付け自動操舵システム)の自動操舵システムはここがいい

GPS車速連動装置であるKSRUは、GPSガイダンスモニターのKAG2と組み合わせて使用します。別売りとなっているKSRUを搭載することによって、より正確な位置情報を利用することができるようになります。

また、ガイダンスモニターKAG2は、タッチ操作が可能であるとともに音声ガイダンスモードも搭載。画面を見られない場面でも、必要な情報を把握できる点も特徴といえるでしょう。

このサイトでは、自動操舵システムを初めて導入する方に向けて、日本で認知度の高い自動操舵システムメーカー3メーカーを紹介。認知度の高いメーカーを選ぶことで、補助金対象になる可能性が高かったり、トラブル時も Web上に情報が上がっているため、すぐに調べられる等様々なメリットがあります

自動操舵システムの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

クボタ(後付け自動操舵システム)製品導入者の声

宮崎県
栽培作物:水稲

代かき作業の課題を解決

水稲栽培における代かき作業にGPSガイダンスモニターKAGを活用している事例です。

代かきは水を張った状態で行うため、どこの作業を行ったのかが目視ではわからなくなりがちですが、KAGを利用することによって問題を解決しています。

クボタ(後付け自動操舵システム)基本情報

私たちの生活に欠かせない、「食料」「水」「環境」の3つの領域における製品や技術を提供している企業

農業分野においては、現場のニーズに合った機械の開発、生産から加工、消費といった段階をサポートしています。

会社名 株式会社クボタ
所在地 大阪府大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号
営業時間/定休日 公式HPに記載はありませんでした。
電話番号 06-6648-2111
公式HP URL https://www.kubota.co.jp

自動操舵システムメーカーを
詳しく見る

THREE SELECTIONS
日本で認知度の高いメーカー3社を紹介
初めての導入でも安心のメーカーとして、2023年1月時点日本でよく検索されている、認知度の高い自動操舵システムメーカーTOP3をピックアップしました。
認知度の高いメーカーを選ぶことで、「補助金対象になる可能性が高い」「YouTube に情報が豊富にあり、いざというときも調べられる」「誰もが導入しやすい製品」というメリットがあるため、特に初めて導入する方はおすすめです。
これら3メーカーには、「選ばれる理由」があります。ぜひ参考にしてみてください。
低価格
選ばれている

FJDynamics

FJDynamic
画像引用元:FAG公式HP
(https://www.fagcorp.com/fjd-smart-kit)
特徴
  • 99万円~(税込)(※1)と業界トップレベルの安さだから、世界で2万台の導入実績(※2)を誇る。
  • 年数回の機能アップデートが無料で、常に最新の機能を搭載できる。

代理店公式HPから
問い合わせる

電話で問い合わせ

FJDynamicsについて
詳しく見る

安定性
選ばれている

ニコン・トリンブル

ニコン・トリンブル
画像引用元:ニコン・トリンブル公式HP
(https://www.nikon-trimble.co.jp/info/news_detail.html?infoid=149)
特徴
  • 独自の位置情報補正システムで、電波が不安定な場所でも使用可能
  • 補正情報バックアップ機能搭載によりネットワーク切断後20分間継続作業が可能

公式HPから
問い合わせる

電話で問い合わせ

ニコン・トリンブルについて
詳しく見る

汎用性
選ばれている

トプコン

トプコン
画像引用元:トプコン公式HP
(https://www.topcon.co.jp/positioning/products/product/agri/TOPCON_Ag-system_merit_J.html)
特徴
  • 生育センサー搭載で、作物の状態に合わせて散布機での肥料量を自動調整(※3)できる。
  • スマート農業促進が評価され「2021 年度ロボット大賞」受賞(※4)

公式HPから
問い合わせる

電話で問い合わせ

トプコンについて
詳しく見る

 

2022/11/24時点、Googleで「自動操舵システム」と検索し、表示された自動操舵システムメーカーと、農林水産省公式HP(https://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/forum/R2smaforum/mattingu/system.html)に記載されているメーカー11社の中から、2022年10月時点、「社名 自動操舵」というキーワードをGoogleキーワードプランナーで調べた結果、月間検索数が多かったメーカー上位3社を認知度が高いメーカーとして紹介。

(※1)別途代理店による取付費用10万円(税込)~。業界トップレベルの安さとは、当サイト編集チームが11メーカーを調べた結果最安値だったため。
(※2)2023年1月調査時点
(※3)オプション機能。
(※4)参照元:ロボット大賞公式HP(https://robotaward.jp/archive/2020/)

3大メーカーがまるわかり
機能早見表
▼横にスクロールできます▼
FJDynamics

公式HP

電話問合せ

ニコン・トリンブル

公式HP

電話問合せ

トプコン

公式HP

電話問合せ

製品名 FJD農機自動操舵システム ・Trimble GFX-750+Autopilot Motor Drive or EZ-Pilot Pro
・Trimble GFX-350+Autopilot Motor Drive or EZ-Pilot Pro
XD/AGS-2-SET・AES-35
初期費用 99万円(税込)
取付10万円~(税込)
2,500,000円前後(税不明) 記載なし
補正情報精度 ≤±2.5cm ±2~3㎝
作業により±15~30㎝、±20~30㎝の場合もあり。
±2~3㎝
速度 0.7km~12km/h
(オプション:0.1km/h~)
0.1km/h~
※EZ-Pilot Proは1.6km/h以上で自動操舵をサポート
0.1km/h~25km/h
FJDynamics
ニコン・トリンブル
トプコン
対応可能経路 直線、ピポット、平行カーブ、自動ターンA+ライン 自動旋回機能(オプション) 直進、枕地旋回、0.5m~小旋回性能(オプション)
オプション ・wifiカメラ
・物理ボタン
・ホール型センサー
・FAG独自RTK基地局
・Bluetoothボタン
自動旋回機能 NextSwath ・ホイールアングルセンサー(低速調整)
・枕地旋回機能
・可変施肥機(散布マップ作成)
・Xlinks(ISOBUS非対応作業機でも制御可能)
ISOBUS対応
アップデート費用 無料 無料 無料
サポート体制 チャットサポート・遠隔サポート・訪問サポート 購入者専用サイトにて対応 フリーダイヤルコールセンター(平日9時-17時)
保証期間 最大2年保証
※有償にて5年間延長保証にも対応。
3年保証
※有償にて5年間延長保証にも対応
1年保証
導入実勢数 世界中で2万台以上
国内2000台
(2023年1月調査時点)
累計販売台数1万台突破
(2023年1月調査時点)
記載なし