これだけ読めばわかる 【自動操舵システム入門書】 > 自動操舵システムなんでも質問BOX

自動操舵システムなんでも質問BOX

高精度なシステムで、農作業における精度向上や効率化、人手不足の解消などをサポートしてくれる自動操舵システム。ここでは、知っておきたい基礎知識をご紹介します。

自動操舵システムは補助金が使える?

高精度なシステムで、農作業における精度向上や効率化、人手不足の解消などをサポートしてくれる自動操舵(そうだ)システム。

「導入したいけど費用が気になる」という方は、補助金を活用するのがおすすめです。ここでは、経営継続補助金やIT導入補助金など、自動操舵システムの導入時に使える補助金情報について解説します。

自動操舵システムの補助金について
詳しく見る

自動操舵システムってどんな機能を見ればいいの?

「便利そうなのは分かるけど、どんな機能が搭載されているの?」と疑問をお持ちの方へ、ここでは、自動操舵システムを選ぶ際に知っておきたい、4つの機能をご紹介します。

速度、補正精度はもちろん、業務効率化をサポートしてくれるクラウドシステムや使いやすさを左右するISOBUS対応など、選ぶ際の参考にして下さい。

自動操舵システムの機能について
詳しく見る

自動操舵システムはランニングコストがかかる?

自動操舵システムの導入では初期費用ばかりに目が行きがちですが、実は多くのシステムでRTKネットワークシステムを利用する費用がかかります。

RTKネットワークシステムを利用するメリットは、精度が高くなることです。ここでは、自動操舵システムのランニングコストや、ランニングコストをかけるメリットについて解説します。

自動操舵システムのランニングコストについて
詳しく見る

自動操舵使用時に接続するRTKって何?

RTKネットワークシステムとは「リアルタイムキネマティック(Real Time Kinematic)」の略で、「相対測位」と呼ばれる測定方法のひとつです。これまでのGPSシステムよりも精度の高い位置情報を取得することが可能です。

ここでは、RTKネットワークシステムの種類について、それぞれの特徴をご紹介します。

自動操舵システムで使用する
RTKについて詳しく見る

自動操舵システムの初期設定方法は?

手持ちのトラクターや田植え機に後付けできる自動操舵システムの中には、自分で取り付けできるものも少なくありません。

ここでは、自動操舵システムの取り付け方法について解説します。代表的な3つのシステムについては、取り付け動画もご紹介しているので、取付方法や初期設定などが不安な方は、ぜひチェックしてみてください。

自動操舵システムの初期設定方法
について詳しく見る

海外メーカーの自動操舵システムってどうなの?

世界中で推進が進むスマート農業。自動操舵システムも、国内外問わず数多くのメーカーが製品を販売しています。

ここでは、自動操舵システムを販売する主な海外メーカーであるFJDとCHC、Deere & Companyについて、それぞれの特徴や性能をご紹介します。併せて、メーカーの選び方についても解説しています。

海外メーカーの自動操舵システムを
詳しく見る

自動操舵システムの耐用年数とは?

農作業で必要なトラクターや田植え機、コンバインや管理機に後付けするだけで、自動運転が行えるようになる自動操舵システム。耐用年数は、農機具と同様7年です。ここでは、自動操舵システムのメーカー品の製品を一例にして保証期間やサービス内容についてもご紹介しています。

自動操舵システムの耐用年数を
詳しく見る

GNSSとGPSの違いとは?

GNSSの登場で、GPS単体よりも高精度の測位ができるようになりました。衛星測位システムには単独測位、相対測位、DGNSS方式・RTK方式があります。高生産性農業の分野でも、GNSSによる自動操舵システムが活用されています。

GNSSとGPSの違いとは?について
詳しく見る

トラクターのデータ連携に不可欠な「ISOBUS規格」

ISOBUS(イソバス)とは、メーカーを問わずにトラクターと作業機との間で行われる「データ通信の相互接続性を担保する世界標準」のこと。余計な配線や操作器機が不要だったりトラクターの操作パネルから作業機の全機能をコントロールできたりするメリットが期待できます。

ISOBUS(イソバス)とはどのようなものかまとめるとともに、メリットや普及状況、認証などについて紹介していきます。

トラクターのデータ連携に不可欠な
「ISOBUS規格」について詳しく見る

自動操舵システムの安全対策

農作業時に目視可能な場所から自動走行する機械を使用している場合、安全性確保ガイドラインを遵守しなければいけません。

作業者と周囲の安全確保のために定められたガイドラインであり、概要や対象機械、関係者によるルールについて紹介していきます。

自動操舵システムの
安全対策について
詳しく見る

自動操舵システムの慣性計測装置(IMU)

慣性計測装置(IMU)は、農業機械の位置情報や移動方向を把握するための装置で、安定的な稼働を実現するために必要です。

慣性計測装置(IMU)と似たセンサデバイスや、エラー時の対処法について紹介していきます。

自動操舵システムの
慣性計測装置(IMU)について
詳しく見る

自動操舵システムのオートターン機能

自動操舵システムのオートターン機能は、導入することで作業機の自動旋回を可能にするほか、さまざまなメリットがあります。

ここではオートターン機能の概要とメリット、提供するメーカーなどについて紹介していきます。

自動操舵システムの
オートターン機能について
詳しく見る

自動操舵システム活用の際の注意点

自動操舵システムは農作業や建設業界で活用されるツールですが、導入時はコストが発生すること、使用者教育を受ける必要があるなど、注意点がいくつかあります。

ここでは、自動操舵システムを導入するときの注意点と、使用時のポイントを紹介していきます。

自動操舵システム活用の際の
注意点について
詳しく見る

超低速作業に対応している自動操舵システムとは

農作業において、超低速自動操舵システムの活用を検討すると良いでしょう。作業の正確さ、圃場情報の管理、疲労の軽減に貢献してくれます。

ここでは、超低速作業に対応している自動操舵システムの一例を紹介していきます。

超低速作業に対応している
自動操舵システムについて
詳しく見る

自動操舵システムの展示会とは

農業業界で進化し続ける、自動操舵システムを体感できる展示会は、農業従事者にとって欠かせないイベントです。実演デモンストレーションを通して、機械の効率的な使い方や、作業の正確性を高める方法を学べるのも大きな魅力でしょう。

自動操舵システムの展示会について
詳しく見る

自動操舵システムと関連性が高い可変施肥システムとは

農業の進化を牽引する自動操舵システムと可変施肥システムは、土壌の理解と精密な機械操作が鍵となります。これらの技術を利用することで、より効率的で持続可能な農業が可能になります。

ここでは、自動操舵システムと関連する可変施肥システムについて紹介していきます。

自動操舵システムと関連性が高い可変施肥システム
について詳しく見る

無人運転が可能な自動操舵システムとは

農作業に無人運転技術を取り入れることで、作業の効率化と精度向上、安全性の確保、労働力の有効活用といった、さまざまなメリットをもたらします。

ここでは、無人運転の導入メリット、導入にあたっての課題について紹介しています。

無人運転が可能な自動操舵システム
について詳しく見る

自動操舵システムで除雪作業は可能?

自動操舵システムによる無人運転技術は、除雪作業において作業の効率化、作業者の負担軽減、運用コストの削減など、多くのメリットをもたらします。

ここでは、自動操舵システムと除雪作業の関係について解説しています。

自動操舵システムで除雪作業は可能か
について詳しく見る

THREE SELECTIONS
日本で認知度の高いメーカー3社を紹介
初めての導入でも安心のメーカーとして、2023年1月時点日本でよく検索されている、認知度の高い自動操舵システムメーカーTOP3をピックアップしました。
認知度の高いメーカーを選ぶことで、「補助金対象になる可能性が高い」「YouTube に情報が豊富にあり、いざというときも調べられる」「誰もが導入しやすい製品」というメリットがあるため、特に初めて導入する方はおすすめです。
これら3メーカーには、「選ばれる理由」があります。ぜひ参考にしてみてください。
低価格
選ばれている

FJDynamics

FJDynamic
画像引用元:FAG公式HP
(https://www.fagcorp.com/fjd-smart-kit)
特徴
  • 99万円~(税込)(※1)と業界トップレベルの安さだから、世界で2万台の導入実績(※2)を誇る。
  • 年数回の機能アップデートが無料で、常に最新の機能を搭載できる。

代理店公式HPから
問い合わせる

電話で問い合わせ

FJDynamicsについて
詳しく見る

安定性
選ばれている

ニコン・トリンブル

ニコン・トリンブル
画像引用元:ニコン・トリンブル公式HP
(https://www.nikon-trimble.co.jp/info/news_detail.html?infoid=149)
特徴
  • 独自の位置情報補正システムで、電波が不安定な場所でも使用可能
  • 補正情報バックアップ機能搭載によりネットワーク切断後20分間継続作業が可能

公式HPから
問い合わせる

電話で問い合わせ

ニコン・トリンブルについて
詳しく見る

汎用性
選ばれている

トプコン

トプコン
画像引用元:トプコン公式HP
(https://www.topcon.co.jp/positioning/products/product/agri/TOPCON_Ag-system_merit_J.html)
特徴
  • 生育センサー搭載で、作物の状態に合わせて散布機での肥料量を自動調整(※3)できる。
  • スマート農業促進が評価され「2021 年度ロボット大賞」受賞(※4)

公式HPから
問い合わせる

電話で問い合わせ

トプコンについて
詳しく見る

 

2022/11/24時点、Googleで「自動操舵システム」と検索し、表示された自動操舵システムメーカーと、農林水産省公式HP(https://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/forum/R2smaforum/mattingu/system.html)に記載されているメーカー11社の中から、2022年10月時点、「社名 自動操舵」というキーワードをGoogleキーワードプランナーで調べた結果、月間検索数が多かったメーカー上位3社を認知度が高いメーカーとして紹介。

(※1)別途代理店による取付費用10万円(税込)~。業界トップレベルの安さとは、当サイト編集チームが11メーカーを調べた結果最安値だったため。
(※2)2023年1月調査時点
(※3)オプション機能。
(※4)参照元:ロボット大賞公式HP(https://robotaward.jp/archive/2020/)

3大メーカーがまるわかり
機能早見表
▼横にスクロールできます▼
FJDynamics

公式HP

電話問合せ

ニコン・トリンブル

公式HP

電話問合せ

トプコン

公式HP

電話問合せ

製品名 FJD農機自動操舵システム ・Trimble GFX-750+Autopilot Motor Drive or EZ-Pilot Pro
・Trimble GFX-350+Autopilot Motor Drive or EZ-Pilot Pro
XD/AGS-2-SET・AES-35
初期費用 99万円(税込)
取付10万円~(税込)
2,500,000円前後(税不明) 記載なし
補正情報精度 ≤±2.5cm ±2~3㎝
作業により±15~30㎝、±20~30㎝の場合もあり。
±2~3㎝
速度 0.7km~12km/h
(オプション:0.1km/h~)
0.1km/h~
※EZ-Pilot Proは1.6km/h以上で自動操舵をサポート
0.1km/h~25km/h
FJDynamics
ニコン・トリンブル
トプコン
対応可能経路 直線、ピポット、平行カーブ、自動ターンA+ライン 自動旋回機能(オプション) 直進、枕地旋回、0.5m~小旋回性能(オプション)
オプション ・wifiカメラ
・物理ボタン
・ホール型センサー
・FAG独自RTK基地局
・Bluetoothボタン
自動旋回機能 NextSwath ・ホイールアングルセンサー(低速調整)
・枕地旋回機能
・可変施肥機(散布マップ作成)
・Xlinks(ISOBUS非対応作業機でも制御可能)
ISOBUS対応
アップデート費用 無料 無料 無料
サポート体制 チャットサポート・遠隔サポート・訪問サポート 購入者専用サイトにて対応 フリーダイヤルコールセンター(平日9時-17時)
保証期間 最大2年保証
※有償にて5年間延長保証にも対応。
3年保証
※有償にて5年間延長保証にも対応
1年保証
導入実勢数 世界中で2万台以上
国内2000台
(2023年1月調査時点)
累計販売台数1万台突破
(2023年1月調査時点)
記載なし